未分類

首塚の上のアドバルーン


<巨大なコンクリート団地のそばにポツンと残された小山が、実は首塚であり、偶然にも滝口入道、「平家物語」へと話は進展し、作者自身の大病から首塚の主・馬加康胤と地名の由来となる痛快な物語。> 商品説明より

本商品は店頭とオンラインショップでお買い上げいただけます。

弊店では国内文学の買取を強化しています。おうちで眠っている本を是非お売りください。 >買取について詳しくはこちら。

2017-04-15 | Posted in 未分類Comments Closed